HOME>アーカイブ>治療を受けるだけではなく、その後のメンテナンスがとても大切です。

治療が終わっても定期的なチェックが必要

インプラント

インプラント治療が完了すると、かつて失った歯が取り戻せたような感覚になるでしょう。煎餅など硬い食べ物であっても、自分の歯のように噛める喜びは何事にも代えがたいかもしれません。さて一度インプラント治療が終了したら、歯科医師の指示に従って定期的なチェックを受ける必要があります。埼玉県の歯科医院における定期検査では、インプラントの清掃状態や歯茎の状態、さらには他の歯との噛み合わせの様子をチェックしていきます。当然のことですが、インプラントも自分の歯と同じようにしっかり歯磨きしなければなりません。周辺に汚れを残さないようにブラッシングを行います。ブラッシングに関して分からないことがあれば、担当の歯科医師に確認してみると良いです。

デンタルフロスの特徴

歯科治療

埼玉県の歯科医院でインプラント治療を受けた後は、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスといっても重要なのは、毎日歯磨きをすることです。歯磨きでも歯間をしっかり磨くことが肝心です。何故なら、歯間部位は食べかすが落ちにくい場所だからです。歯間を磨くためには、デンタルフロスを使用する方法があります。デンタルフロスを使うと、歯同士が当たり合っているところ(隣接面コンタクト)が綺麗に掃除できます。これは通常の歯ブラシでは難しいので、デンタルフロスを使った方が良いでしょう。

歯間ブラシの特徴

治療器具

埼玉県でインプラント治療が完了したら、その部位を毎日しっかり磨く必要があります。特に唾液などで食べかすが流れにくい歯間部は、しっかり歯磨きしなければなりません。しっかり歯磨きをしないと、インプラント周囲の歯肉に炎症が起こり隙間ができてしまいます。その隙間に食べかすや細菌が侵入すると、歯槽骨が吸収されて痩せてしまうのです。しかし、歯間部というのは、通常の歯ブラシでは磨きにくいので歯間ブラシを使うことが望ましいです。歯間ブラシは手軽なので、洗面所がない場所でも人目の目を避けて使うことができます。

広告募集中